AZEST-GROUP

AZEST-GROUP

home > なぜ不動産投資なのか > 不動産が選ばれるワケ > 東京の将来性

東京は人口1300万人を抱える世界有数の大都市です。
2020年に東京オリンピック、2027年にリニアモーターカー開通をひかえ、羽田空港の国際化など将来的にさらなる成長が期待できる都市です。

東京の将来性

東京の人口推移(2015年以降は将来予測)

東京の人口推移 実績値:総務省統計より 予測値:都知事本局「2020年の東京」より

三大都市の転入・転出超過数

東京23区単独世帯数(2009年以降は将来予測)

日本人の10人に1人が東京に住み、都民の7割が23区内に住んでいます。

また、23区内の世帯数の半分が単身者です。


東京は2世帯に1世帯が「単身者」であり、都心部ほど顕著である

東京都単身世帯数の円グラフ

主要都市別 分譲マンション賃料 年間平均推移

主要都市別分譲マンション賃料年間平均推移 東京カンテイ

2020年以降、東京の人口は減少傾向に向かうと予想されていますが、逆に単独世帯数は増加傾向にあります。

その理由として、より一層晩婚化が進むと共に結婚をしない人が多くなり、また、高齢化で配偶者との死別による一人暮らしが増えていくためです。
そして、2035年までに単独世帯数は全体の半数近くに及ぶと言われています。

この増え続ける単身者の需要に対し供給はというと、1Kタイプのマンションは、立地条件が最優先されるため(駅徒歩10分圏内)、そういったエリアの場所は土地が少なく、またそのため、供給が需要に追いついていないのが現状です。


なぜ不動産投資なのか > 不動産が選ばれるワケ > 東京の将来性

なぜ不動産投資なのか > 不動産が選ばれるワケ > 東京の将来性

PageUp