AZEST-GROUP

AZEST-GROUP

home > なぜ不動産投資なのか > 不動産が選ばれるワケ > 保険の見直し

・年金保険や定期保険
・月々の保険料と万が一の保障
・年金として受けとれる金額と期間
把握できていますか?
住宅ローンには団体信用生命保険という保険がついています。今加入している生命保険の出費と保障を見直してみましょう。

見直すチャンス

生命保険を見直し、浮いたお金で不動産投資を!

■ 団体信用生命保険
団体信用生命保険とは、住宅ローンを利用する際に加入しますので、借主様本人が病気や事故で亡くなられたり、高度障害の場合、ローンが残っていればこの保険で完済されるシステムです。

住宅ローン返済期間に団体信用生命保険が適応されたら

借主様が万が一亡くなられた場合、ローンの残債は「団体信用生命保険」によって完済されます。

残されたご家族には、無借金のマンションと毎月の家賃収入を残すことができますので、ご家族への将来の保障になってきます。遺族年金としても注目されております。


個人年金の場合

不動産を組み込むと出費が減るかも!


なぜ不動産投資なのか > 不動産が選ばれるワケ > 保険の見直し

なぜ不動産投資なのか > 不動産が選ばれるワケ > 保険の見直し

PageUp