AZEST-GROUPロゴ
recruitment 2022

INTERVIEW
社員紹介

自分一人では

対応しきれなかった時

経験豊富な上司の

フォローが本当に

有難かったです

AZ-ONE株式会社
渡邉 継一郎
2017年入社
Motivation Graph
モチベーショングラフ
モチベーショングラフ-渡邊
1

説明会の参加で投資不動産を知る

大学が不動産系の学部で宅地建物取引士の資格を取得したので、当初は仲介メインで就職を考えていました。20代の楽しい時に収入を良くしたい意欲はあって、たまたま参加したAZEST-GROUPの説明会で稼げる仕事に魅力を感じました。最初に内定を頂けた事もあり入社を決めました。面接時に電話営業の大変さを聞かされてはいましたが、正直なんとかなるだろうと軽く考えていました。
新人なのでまずは数多く打電する事もそうですが、お客様にほとんど話を聞いて頂けない状態が続き、一体どうやったら売れるんだ!?とほぼ絶望でした。入社からの3ヶ月位が一番辛くて、日曜の夜にはお腹が痛くなっていました(笑)。

インタビューphoto 渡邊-1
2

1年目で主任に昇格!

それでも、先輩・上司の手厚いサポートを頂きながら何とか売上を上げる事ができ、なんと1年目で主任に昇格させて頂きました。商談は毎度のようにドラマがあり、お客様の心境の変化や厳しいお断り、急な家計状況の変化等によりご提案内容を組み立て直す等、とても自分一人では対応しきれない事もあり、その都度経験とアイデア豊富な上司のフォローで助けて頂いて本当に有難かったですね。

インタビューphoto 渡邊-2
3

追い込まれた事で一皮むけた

主任に昇格した後に長い低迷期に入りました。鳴かず飛ばずが続き、しまいには降格もしてしまいました。以前に購入して頂いたお客様が追加購入して頂くなどで、なんとか首の皮一枚状態でいた時のとある商談で、ふいに上司から「今日は同行しないよ、一人で行ってきて」と言われました。正直、先輩上司に甘えている自分がいたので焦りましたし、自信もありませんでした。でも、もうやるしかなくて(苦笑)。これまでに見てきた事を思い出し必死にアプローチした所、申込を頂けました!

インタビューphoto 渡邊-3
4

責任感の変化

自分の担当の商談だけではなく、後輩社員の商談に同行させて頂くようになり、それまでの仕事に対する感覚が変わっていきました。アポイントを取る事の大変さが分かっているので、新人や後輩の商談を中途半端には終わらせられないという責任感も生まれたと思います。その影響か、再び主任に昇格出来ました。
これまで自分がしてきてもらった事を自分も受け継いで、後輩のお手本にならないとですね。同期だけではなく上司とも休日にご飯に行ったりする仲の良さがあり、今まで仕事を続けてこれた理由の一つなんですが、逆に甘えてしまう事にならないようにするのが今後の課題です。