AZEST-GROUPロゴ
recruitment 2022

投資用不動産とは

何を何のために売るのか

「ワンルームマンション」を「将来保障」の為に販売しています。
かつての不動産投資というと、購入した不動産を後日売却し利益を得る事が主流で、一部の富裕層向けの商品でした。現在の不動産投資は購入した不動産を第三者に貸し、長期保有する事で安定した家賃収入を得る事が大きな目的となっています。金融機関から融資を受けて購入しますが、毎月家賃収入を得る事が出来るので、実質的な支払いは極めて少額に抑える事ができます。少ない資金の積み重ねで将来的には不動産という資産を持つ事ができ、かつ、家賃収入を得る事が出来ます。それは「生命保険」や「私的年金」としての役割を果たす事が出来ます。高所得者である必要はなく、気軽に誰でも始められる投資商品として脚光を浴びています。

マンション投資の仕組み

マンション投資の仕組みイラスト

「購入したマンションを賃貸に出し、家賃収入を得る」これがマンション経営の基本的な仕組みです。 ほとんどのオーナー様が金融機関の評価を得られた物件を、融資を利用して購入されています。
毎月のローンの返済のほとんどを家賃収入でカバー出来るので、月々わずかな負担で資産を形成できます。