AZEST-GROUPロゴ
recruitment 2022

INTERVIEW
社員紹介

年功序列の

仕事ではないので、

向上心があれば

成長出来る環境に

感謝しています

AZ-ONE株式会社
鈴木 悠
2019年入社
Motivation Graph
モチベーショングラフ
モチベーショングラフ-鈴木
1

工場勤務からの転職

新卒と同じ4月1日入社なので新卒と間違われています(笑)。高卒で2年間、地元(茨城県)の段ボール工場で働いていました。製造ラインの仕事で夜勤も交代であり、長くは続けられないと思い転職を決意しました。元々漠然と不動産には興味があり、転職サイトで不動産業界に絞って探しました。
正直、投資用不動産と言う物があるのは転職活動中に知りました。ただ、稼ぎたい気持ちはあったので不動産業界一択でした。5社位面接を受け2社内定を頂いていた時にAZEST-GROUPを転職サイトで見つけ、求人内容が他と違って一番魅力的に見えたので面接を受けました。土日休みと言うのも魅力的でしたが、一番は稼げる環境があるというのに惹かれました。

インタビューphoto 鈴木-1
2

厳しくても成長したかった

刺激のある仕事、会社に行きたい気持ちがありました。厳しい方が嬉しいというか、人との関わりをしながら成長出来る事を求めていました。ずっと野球をやっていたので厳しいのには慣れてました。
それでも、やる気満々で入社しましたが、新しい事への驚きと、覚える事の多さ等で非常にきつい思いをしました。何より、投資とは何かすらも分からずに飛び込んできましたので(笑)。保険や年金制度など、お客様に生活設計の提案をする上では不可欠な知識を習得する事に一番苦労しました。

3

イメージの壁

お客様に電話営業でアプローチして、まずアポイントを頂く所からの仕事ですが、「マンション」、「投資」といったワードに対して良いイメージがなく、早々にお断りされる事もあり、アポイントすら頂けなく最初は苦労しました。あっという間に入社から半年が過ぎ、同期入社約10人の中で最後まで自分だけが契約がなく、本当に悔しかったです。

4

上司の声掛けがきっかけ

そんなマインドが下がっていたタイミングで、ある上司から声を掛けて頂いた事が非常に嬉しかったのを覚えています。電話営業で苦労していて、成績不振で落ち込んでいた時に親身になってアドバイスを頂いたり、「元気にやろうよ!」等の声を掛けて頂いたのには本当に救われました。今でも全体的に上司と部下の距離感は近くて、一体感があると思います。

5

逃げたくない!

今思っているのは、一言で言うと逃げたくない、という事です。正直、成績不振の時には辞めようと思った事もありましたし、業界的にも厳しい方だとは思いますが、若いからこそ経験出来ると思いますし、今まで上司や先輩の手助けがあって成績を作ってこれましたが、これからは独り立ちしていこうと思っています。

インタビューphoto 鈴木-2
6

時を戻して…?

過去の自分に対して言いたい事があるとすれば、山あり谷あり厳しい仕事だから覚悟しておけよ、と言う事ですね。上司からかなり厳しく怒られる事もあります。もちろん高額商品で人生を預かる位の責任ある仕事だからこその叱責ですが。 意識しているのは、理屈や理論で話すのではなく、とにかく明るく楽しく話す事です。お客様に自分を気に入ってもらう、懐に入るというか距離感を縮めるような感覚です。
また、誰かに知らない事を伝えられる事、考えた事もない事を勧めるは楽しいとも思います。最初はもちろん見ず知らずの人ですが、自分が声掛けをした事がきっかけで「そんな方法があったんですね!」等、感謝もされるのはやり甲斐になります。

7

心掛けるべきこと

大事だと思うのは、コミュニケーション力と向上心だと思います。お客様も社内の人も、人を相手にするのは一緒なので日頃からコミュニケーションは心掛けています。
また、年功序列の仕事ではないので、向上心がないと続けにくいとは思います。私自身まだまだですが、成長出来る環境に感謝してこれからも頑張ります。